English

触媒交換事業・廃触媒掘削・触媒高密度充填 鹿島エンジニアリング株式会社

HOME >  業務案内  > 触媒交換事業

触媒交換事業

劣悪な3K作業の改善

当社は石油精製・石油化学工場における反応塔(リアクター)の触媒交換事業を行っております。

従来、石油精製プラントの反応器(リアクター)における触媒の抜出作業は、窒素雰囲気下で特殊な保護具を着用し、
且つ有害な粉塵が発生する劣悪な3K(危険・汚い・きつい)環境の中で行われてきました。

その中で当社は長年にわたり国内外で蓄え育てた豊富な経験と優れた専門知識を基に技術開発に取り組み、当社の核となる世界に誇れる3つの技術、
「KS-767(CATnap)触媒抜出し工法」「廃触媒掘削機械(MARKシリーズ)」「触媒高密度充填機(JEローダー)」を開発しました。

プラント

特殊なケミカルにより高い安全性を確保

使用済の触媒には、原油中に含まれている重金属(Ni,V等)や硫黄分が付着している場合が多く、このことが触媒抜出し工事の際にネックとなる様々な問題を生み出してきました。
特に顕著なのが使用済触媒の酸化熱の蓄積による発火と、触媒抜出し時に発生する金属化合物を含む有毒な粉塵です。

これらの解決には従来から様々な手法が用いられてきましたが、当社では特殊なケミカル“KS-767(CATnap)”を開発することにより、窒素雰囲気から最も安全性の高い空気雰囲気での作業を可能にし、これらの問題から来る作業リスクを大幅に改善しました。

KS-767(CATnap)が作り出す強固な皮膜によって触媒表面に存在する還元性硫化物・金属硫化物の酸化発熱を抑制。
また、触媒の表面を常にウェットな状態に保ち、触媒抜出し時の粉塵の発生を抑制することにも成功しました。

  • 触媒工事
  • →
  • 触媒工事
  • 特許 日本1981038/米国4912071

固化触媒はロボット(MARKシリーズ)に任せろ

触媒抜出しのもうひとつの問題。それが右下の写真のような触媒の固化でした。

高品質な石油製品を生産し、年々装置運転の過酷さが増す国内の製油所において、触媒の固化は常につきまとっている問題です。そのため工事施工者はその対策に頭を悩ませていました。

固化して巨大な塊と化した触媒は、そのままでは装置から抜出すことが出来ず、装置内での破砕が必要になります。しかし固化した触媒はコンクリート並みの強度を持っており、その破砕のためにダイナマイトの使用が検討されたほどです。

当社ではこの問題にいち早く着目し、安全・かつ迅速に固化触媒を抜出す手段として左下の写真の廃触媒掘削ロボット(MARKシリーズ)を開発。多くの実績を経て信頼性の高い工法を確立しました。

その他の効果として作業の機械化による省力化と工期短縮なども期待できます。

  • 特許 日本2065261

JEローダーで安定・高収益操業

多くの石油精製・石油化学企業では、既設の装置を増強せずに処理量を増やす為、下図のような固定床反応塔に触媒を充填する際に、充填機を使って高密度充填する技術を採用しています。

高密度充填を行うことで、同じ容積の空間により多くの触媒を、均一な密度かつ触媒粒の配列を均等に充填する事ができます。このため増充填した全ての触媒を使い切ることができ、連続運転期間の長期化と処理量の増加・処理油の品質向上を可能にします。

当社では触媒の粉化を最小限に抑え、触媒充填面の制御性に優れた独自の充填技術を開発しました。
この技術を基に、多種多様な反応塔に対応可能な触媒高密度充填機の開発に成功しました。

高品質な充填を短い工期で行うことの出来るこのシステムは、工事関係者、お客様に高い評価を頂いています。

  • 充填機
  • 鉱物
  • 特許 日本 2939178/2939179/3001791/3133672/3474367

  • 海外BE727250EP/FR727250EP/GB727250EP/KR203995/US5731994